Web Analytics Made Easy - StatCounter

ギャズログ GAZ:Log

PCパーツ、周辺機器などを紹介します。

Radeon RX 6800XTのベンチマーク浮上。4KはRTX 3080より高速。

新サイトへ移転しました。3秒後に自動でリダイレクトされます。

f:id:gazooooo:20200903082238j:plain

10月28日に発表されるRDNA2アーキテクチャーを搭載したRadeon RX 6000シリーズですが、その中の上位モデルであるRadeon RX 6800XTのベンチマーク結果が浮上しました。

Radeon RX 6000シリーズの最新情報はこちらへ

 

4K性能はRadeon RX 6800XTが圧倒。レイトレ性能は及ばず

 10月8日に行われた『Zen3』発表会の場にて『Radeon RX 6000』の性能が少しだけ開示されましたが、ついに3DMarkのベンチマーク結果が出現しました。

通常の4KグラフィックスはRTX 3080よりも早い 

出現したベンチマークでは3DMark Fire Strike Ultra (4K)、Time Spy Extreme (4K)、Port Royal Default (4K)の4種類になり、複数のソースから情報が入手されている模様です。

Igor's LAB (RX 6800XTを100%として比較)

ベンチマーク結果では、レイトレーシングを含む3dMark Port Royal以外ではRadeon RX 6800XTがNVIDIA GeForce RTX 3080を上回っています。特に、Firestrike Extreme 4Kでは20%以上のスコアを叩き出しています。

差が少なくはなっていますが、Time Spy Extreme 4Kでも3%程上回っており非レイトレーシング環境ではかなり高いパフォーマンスを発揮する模様です。

 

レイトレーシング性能はNVIDIA側に軍配

3DMark Port Royal 4Kではレイトレーシング性能を測るベンチマークになりますが、こちらではRTX 3080がリードする形になっており、RX 6800XTに対して20%以上の差をつけています。RX 6800XTと同等なのは一世代前のRTX 2080 Tiとなっており少々性能面で物足りなさを感じます。

ただ、このベンチマーク自体はRX 6800XTのES品で計測されたものであり、実際に11月の発売時に出現するドライバーなどでは最適化が図られると考えられます。そのため、20%の差を埋める事は無いものの、RTX 3080に対する性能差は10%程度に縮まるのではと考えられます。

 

NVIDIAがRTX 3000シリーズを発表した際、あまりの性能の高さにRadeon RX 6000の最上位モデルでもRTX 3070とRTX 3080の間に位置するぐらいの性能と考えられていました。しかし、今回出現したベンチマーク結果を見る限り、Radeon RX 6800XTはNVIDIAのRTX 3080と十分対抗できる性能を有していると見る事が出来ます。ただし、レイトレーシング性能については、1世代前から対応していたNVIDIAの方が性能面では上のようです。

レイトレーシング対応ゲームが今後普及してくることは確実なのですが、それが何時なのかと考えるとRadeon RX 6000シリーズを買うか、GeForce RTX 3000シリーズを買うかは非常い迷い所になると考えられます。(値段次第でもありますが)

関連記事

AMD (BigNavi/RDNA2) Radeon RX 6000シリーズの最新情報

『Zen3』Ryzenの最新情報

 Intel第11世代CPU『Rocket Lake-S』の最新情報

RTX 3000シリーズの最新情報